その症状は花粉症?風邪?花粉症と風邪の症状の違いとは?

その症状は花粉症?風邪?花粉症と風邪の症状の違いとは?

鼻水やくしゃみが出て辛い。風邪ひいたかな?・・・もしかして、花粉症?

花粉症と風邪は症状が似ており、勘違いすることがあります。しかし、似たような症状でも両者の特徴はそれぞれ異なります。今回は、そんな花粉症と風邪の症状の特徴と、両者を見分けるポイントを紹介します。

花粉症と風邪を見分けるポイントは「発熱の有無」「鼻水の状態(色)」「目のかゆみ」

風邪は、その多くが大気中から侵入したウイルスが鼻やのどに付着し感染するウイルス性の上気道感染症で、自然と回復することがほとんどです。風邪の特徴として、発熱とのどの痛み、鼻水は数日で黄色い鼻汁に変わるなどが挙げられ、目のかゆみが出ることはありません。

一方、花粉症では発熱するケースはまれで、発熱したとしても微熱程度です。風邪と共通する症状として、鼻水やくしゃみがありますが、鼻水は水のようにさらりとして透明です。  

また、くしゃみの回数も判断材料となり、花粉症では外出直後にいきなり複数回のくしゃみがでることがあります。のどのかゆみや目のかゆみも代表的な症状です。人によっては顔や耳の中がかゆくなることもあります。

さらに、症状が強くなる時間帯にも特徴があり、朝起きてすぐや夜間に症状がひどく出る人が多いです。

花粉症では、花粉の飛散量に応じてこれらの症状が断続的に2週間以上続き、また毎年同時期に発症します。

このように、花粉症と風邪の症状は一見似ているようで様々な違いがあります。

セルフチェックで状態を確かめよう

 ご紹介したように、花粉症と風邪を見分けるには、発熱、鼻水、くしゃみ、発症時期などが判断材料になります。「あれ?もしかして花粉症?それとも風邪?」と思ったら、気になる症状について下記の項目に当てはまるか、自分でチェックしてみましょう。

当てはまる項目が多いほど、花粉症の可能性と重症度は高まります。

とは言っても、花粉症と風邪は症状が似ている部分も多く、特に症状が出始めの頃は区別がつきにくいものです。また、それぞれ対処法も異なります。無理な自己判断はせず、きちんと医師の診断を受けることをお勧めします。

「忙しくてお医者さんに行く時間が取れない!」という人は、今ではオンライン診療を活用して、自宅や職場から隙間時間で診療を受けることもできます。まずは下記から症状チェックを行って、対策や治療についてコンシェルジュに相談してみましょう。

症状や対策について
コンシェルジュに相談する

花粉症ドクター監修医師

梅岡 比俊先生

医療法人梅華会グループ理事長
開業医コミュニティM.A.F主宰
予防未病健康医師協会

Latest Columns

最新のコラム

コラム一覧